プロフィール

manmarumarimo

Author:manmarumarimo
年齢:30代
出身地:関東地方
生息地:北国

数年の海外生活を終えて、相方のメタ坊君と北国で暮らし始めました。2011年4月に女の子を出産しました。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母娘の信頼関係が・・・

雪の多い土地柄だからなのか、児童館の他に、この街にはタダで遊べる公営の「室内遊技場」があります。

大きな体育館みたいなところに、木のおもちゃがあったりして(上質な家具でも有名なこの街はそういうのを作るのがお手の物な企業が色々あるみたい)なかなか楽しい施設なのです。

昨日は以前から気になっていた室内遊技場に行ってきました。

本当は午前中のあまり暑くない時間に外で遊ばせようと思っていたけれど、洗濯物を干し終わった頃には眠くなって寝てしまったので・・・午後に室内で遊ばせることに変更!

お盆休みの期間中なので、駐車場はすごい混雑でしたが、午後だということもあって出て行く車もコンスタントに居たので、少し待ったら駐車できました(ああ、もう都内には引っ越せない!?)。

遊技場の中もすごい人、人、人。

大きな木の砂場や、迷路みたいになった滑り台、二階にもつづく大きな遊具など小学生ぐらいが喜びそうな施設です(私が子供だったら、絶対遊びたい~!)。

ボールや、やわらかい素材でできた大きなブロック(厚い体操マットみたいな素材)なども沢山おいてあります。

はじっこに幼児コーナーがあり(授乳室・オムツ替え台もアリ)、そこはそれほど混んでないので一安心。

最初は、知らない子のパパさんを見て、大声で泣いたmari坊も、お兄さんお姉さんが遊んでいる姿に大興奮!
すぐに機嫌が直りました。

連れていった瞬間しばらく泣いたので「ああ、やっぱり人がいないところがいいのか・・・」と思ったけれど、ここまで周りが大人数だと逆に気にならないみたいです。

(児童館だと、人の人数が少なめで、逆に他人を意識しちゃうみたい!?)

幼児コーナーには、ちいさな木製の滑り台と、木でできた小さなお家が!

mari坊は基本ママにひっついてなきゃダメなタイプなので、ママが入れないお家には興味なし。

滑り台で遊び始めました。かなり小さいので、mari坊サイズ。

階段は緩やかで数段しかなく、ハイハイでも上手に登れます。

最初は私がわきの下を持って数回すべり降りました。

だいぶ調子がでてきたので、ママが滑り台のすべりはじめのほうに構えていて、滑り始めてからキャッチすることに。

もっと大きな子でもすべるまでに「決心」が必要な子も居たけれど、意外に勇気のあるmari坊。

私が構えていれば迷いがありません。

「お、やるじゃん。」

でも、なんどもやる間に、なんと私がまだ構えてないのに滑り始め!!

「おっとと。」

あわてて手を伸ばしましたが、1メートル半ぐらいしかない滑り台。

marimoはトロすぎてキャッチできず。

mari坊はゴン!と滑り台で後頭部を打ってしまいました・・・

mari坊は「え、なんで?納得いかない~何が起きたの?」という顔。

泣きませんでしたが、抱き上げるとちょっとべそをかいてました。

それからというもの。

滑り台に登ると、まず私の手を引っ張って両手をわきの下にいれさせてから滑るようになりました。

母娘の信頼関係が、ちょっとゆらいだ?今日でした。

mari坊ごめん・・・
mari坊は、途中で滑り台にもっと大きな子が割り込んできても、「順番、順番だよ」っていえば大人しく待っていたし、かなりおりこうさんでした。

おもちゃの取り合いで泣いたりしないけど、かなり粘り強いタイプのような気がします・・・。
(って、まだ、おもちゃ取りにいけないけど。笑)

以前他の遊技場で気にいったのは、木馬や三輪車の形の木製のおもちゃ。「乗る」のが好きみたい。

今回も、「あ、あ」と指差して乗りたい!っていったのは、ロディちゃんみたいなロバの形のおもちゃ。(ゴム製かな?)

他の子が遊んでいたので、「あの子が飽きたら借りてみようね」って言ったけど、次々に遊びたい子が現れ。

トロいママはなかなか貸してもらえませんでした。

それに、mari坊がいくならまだしも、ママが行くとなると、他の子供が借りたがっている時に譲ってもらうわけにも行かず

1時間ぐらい経過後、やっと空いているのを発見。

mari坊を連れてとりに行くと、ちょうど同じタイミングで小学校中学年ぐらいの男の子が取りに来たところ。

「あ、ごめんね」と譲ろうとすると、mari坊を見て「あ、いえ、いいです。どうぞ」って譲ってくれました。

いい子だ

私が気をそらすようにしたので、他のものでも遊びながらも、ずっとずっと気にしていて、思い出すと「あ、あ」といっていたmari坊。

黄色いロバさんにまたがって大喜び!大興奮。

待ったかいがあったようで、よかったです。

それにしても、結構粘っこい性格なのね・・・(笑)。
スポンサーサイト

テーマ: 育児日記
ジャンル: 育児

コメント

No title

なんか、遠くから眺めていたい光景ですね。
しかも、何故か、その光景が想像できます。。。

ぐっちさん

もし眺めていたら、結構笑える光景ですよね~。
プププ。
非公開コメント

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ダノン月齢クロック
mari坊の成長曲線
読書メーター
marimoの最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。